SNSの誕生日

 「誕生日おめでとう」今日は誕生日でみんなにお祝いのメッセージをいただきました。
ありがとう いつくになってもありがたいもので、心より感謝です。家内からも素敵なプレゼント頂きました。
 この歳になり分母が大きくなると1年の年齢上昇率はわずかなもので、歳食った感があまりありません。考えてみるとSNSがない頃は、友達の誕生日なんて気にも、気にされもしていませんでした。でも今は違います。SNSは人と人との繋がりを密にするコミュニケーションツールによって友人からたくさん誕生日を教えてもらっています。

 男性の孤独死が昨年から増加し、今年は3000人を超えたようです。伴侶に先立たれ、孤独に生き誰にも看取られることなく一生を終えたことを考えると知らない人なのに胸が熱くなってしまいます。SNSは日進月歩で次々と新しくなってきます。FBやっていても、矢継ぎ早に新しい機能が追加され、若い人しか使いこなせそうもありません。

 もともと大きな可能性と魅力を持ったSNS。身寄りのない人同士や行政、医療機関、ボランティア団体などとの人脈作りのコミュニケーションツールとして、もっと間口が広くハードルが低いSNSができないものか。民間ではなく行政が社会福祉の一環として推進できないものか。忘れていた誕生日、お祝いのメッセージを頂きながら思うことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA