AVシステム

 カーオーディオAVシステムは欲を出すときりがありません。

 ダイニングルームに大画面テレビを取り付けたいと思っていましたが、手っ取り早くナビのAVシステムに拡張リアモニターを取り付けました。純正のシステムなので地デジやDVDが停車中に楽しめるうえ、アンテナはフロントウィンドウの貼付タイプなので別にアンテナを取り付ける必要がありません。
 バッテリーへの負担を考慮し9インチサイズのモニターにしましたが、TVのLEDモニターの消費電力は9インチサイズでは0.8Aに過ぎずません。朝まで付けっぱなしにするものでもないし、モニターは異なるメーカーであっても問題はありませんから、別のメーカーの大画面モニターにした方が良かったかな。

160726_02 いっぽう、サブウーファーは定格消費量ではモニターの10倍の8.5 Aも消費します。音量に応じて消費量が変わりますが、エンジンを停めて大音量で長時間使用するのは厳しいと思った方が良いかも知れません。
 音楽以外の音質に拘らない使い方の時(TVやAM放送)はサブウーハーの出力を下げるようにした方が良いでしょう。カロッツェリア「楽ナビ」は、リモコンでイコライザーのカスタム設定とノーマル設定の切り替えや、サブウーハーをオフにすることはできず、面倒でもフロントの画面で環境設定でオフにするしかありません。

 前後のモニターは手動で、スピーカーはリモコンでON, OFFができます。ドルビー5.1chの本格的なホームシアターも楽しめます。また、リアモニターはナビ画面を映すことができず、TVやDVDの画面のみしか見られません。
 後で考えると、同じモニターサイズのパナソニック製は持ち出し可、防水、音声内臓で地デジ、BS、CS放送受信、BD、DVD内臓で消費電力は1.3A程度。大音量で映画や音楽を楽しむ必要なんて殆どなかったので、この選択もありかなと少し後悔。

 バックモニターは、キャラバンNV350のインパネに標準装備されていますが、楽ナビに接続すれば見やすさが格段に向上します。
 カメラが後部ナンバープレートの上についているため、その上にあるものは映りません。木の枝など張り出しているものがないか注意が必要です。
 オービスの位置情報設定をオプションで入れておりますが、元気に働き助けてくれています。

・冷却ファンについて
 本体が熱を持つと本体後部から冷却ファンの回転音が大きく聞こえはじめます。あまりに大きな音なので故障と思って電話したところ、取り外して修理センターに送ってくださいとのこと。ゴリゴリとパネルを外して取り外し修理に出したところ、故障ではありませんでした。メンテナンス担当者によると、1~2時間ほど使うと冷却ファンが弱⇒強に切り替わるだけで故障ではないとのことでした。いったん強になったものは、弱にはならない仕様で、いったんエンジンを切ったら良いと教えていただきました。本機(楽ナビ)を使う方は無駄な取り外し代金を支払わなくて良いよう覚えておきましょう。

 昔からパイオニア一辺倒の私。数十年も前、同社の TS-X9 ってスピーカーがチラッと見えてたのがやけにカッコ良く、その影響からずっと今まで良いも悪いもなく買い替えてきました。他社製品の特徴はわからず比較をすることはできません。
 購入するときにいつも思うことですが、何が出来ないのかをよく調べて購入しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA