大入島の釣り

 4/29 大分県佐伯市の大入島(おおにゅうじま)まで釣りに行ってきました。

 父と知人と朝5時に出発。2年ぶりの大分遠征です。狙いはチヌ(クロダイ)。普段からクロダイ釣りはあまりしないのですが、この時期狙える魚といえばこの魚。

 二時間半で大入島のフェリー乗り場に到着しました。20分ほどで嶋を一回りできる程度の大きなです、クロダイのほか、アジ、メジナ、アオリイカ、メバルなどが良く釣れる人気の釣り場です。

 佐伯港から10分ほどで到着するほどの距離なので料金も安くごらんのとおり。

 島に到着し左回りすると「高松」の防波堤の中間から先端近くが空いていたので釣り開始。餌はオキアミ。

 田中氏も父もクロダイより美味しいアジ釣りに専念。

 アジの群れがマキエに群がっていましたが我々の餌の準備ができたので昼食タイム。いつもの「ちゃんこ鍋」です。中央の友人、笠木氏はこの体型ですが柔道5段。最近まで柔道の講師をしていましたが、最近運動不足で車から荷物を防波堤の先端に運ぶと疲れて一日寝てました。



 昼食が終わるとアジの群れは去って釣れたのはこの人だけでした。

 防波堤の先端は水深が20メートル近くもあってクロダイのウキ釣りには不向きでした。場所を移動する気にもなれず撃沈しました。

 定年後はキャンピングカー乗り入れて島中で釣り三昧します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA