「彼杵おもしろ河川団」の活動

 昨年からお手伝いさせていただいている「彼杵おもしろ河川団」の活動に参加してきました。

 5/12(金) 仕事が終わり次第、彼杵町に移動。
 カスタムプロホワイトに集合とのことで、到着したのは21時前でした。前打ち合わせのバーベキューは午前1時まで行われました。

 今日は宿泊者が多いのでマイカーで車中泊。夜中にかなり強い雨が降りましたが快適に寝ることができました。

 朝食後、集合時間の9時に彼杵川に行くと、岐阜や福岡から来られた他のメンバーが川の中に入り、鮎の遡上の調査中でした。

 鮎の遡上は確認できました。今年の成長は遅いようです。(※調査届許可はいただいています)


 西九州大学生も加わり無事調査は終了しました。

 その後どじょうの生育の調査と稚魚放流活動を実施。泥だらけになりながら大喜びの学生さん。最後まで頑張って手伝ってくれました。

 どじょうは泥の中に潜ってしまってなかなか捕まえられません。四苦八苦しながら数匹をキャッチ。1年で12~15cm程度に成長していました。

 次に串川で鮎のはみ痕調査を行いましたが確認はできませんでした。もうヘトヘトです。

 作業終了後、前回行ったJR千綿(ちわた)駅に行って記念撮影。ホームから海が見渡せるロケーションを見に何組もの外国人も見に来てました。

 活動が終了したあと、私も他にできることはあるまいかと、彼杵川でちょっとウキを浮かべてみると、・・いたいた。
 カワムツやオイカワなどが遊んでくれました。機会があれば子供たちに釣りを通して自然と生き物の大切さや川遊びの注意について教えてあげようと思います。


 反省会と次回の対策のミーティングを実施。こんな人たちの見えない努力もあって自然が守られているんですね。「彼杵おもしろ河川団」は熱く志のある人たちの集まりでした。

 詳しくは彼杵おもしろ河川団のwebサイトへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA