維新博覧会

 明治維新の立役者といえば長州、薩摩、土佐が思い浮かびますが、この度佐賀市内で「肥前さが幕末維新博覧会」が開催されています。
 7/21 朝起きた時間に出発ということで午前900に家を出て近所の大衆食堂で朝ごはん。今日は暑い中クルマも多く福岡方面は渋滞気味。

 会場の佐賀市は90分で行けるのですが、途中家内のリクエストで今宿の「ハンズハンズ」に寄りました。

 ここまで2時間かかりここから90分かかったのですから「立ち寄った」とはいえません。2時間もかけてパンを買いに行くのですから凄い食欲ですわ。私は米食派なんでパンの味は分かりませんが、それはもう絶品らしいです。

 今宿からはR263 三瀬峠を走るルート。途中「道の駅大和」で小休止。

 産地の農作物の直売所といった感じですが、ここからの眺めはなかなかのものです。

 到着したのは15時になっていました。今日は市役所は休みなので市役所の駐車場を無料で利用できます。会場まで徒歩10分足らず。会場は20分毎にグループに分かれて回ります。午後4時近くでしたので人も少なく8人で回りました。

 佐賀藩主「鍋島正直」や「大隈重信」など偉人たちの戦いが面白く紹介されていて、佐賀藩から見た幕末の様子が興味深いです。

 明治維新前後の歴史が好きな方は楽しめるでしょう。博覧会は2019年の1月まで開催されています。詳しくはネットで確認してください。

 帰りは高速でサクッと帰るつもりが何とETCを自宅に忘れてきてしまった! 腹立たしいので下道をゴロゴロ運転して帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA