宿泊療養施設へ

 自宅療養しているものの書斎に籠っても家内や両親にいつ感染するかわからない。

 バストイレや換気など、どう考えても感染は防げないと思い、宿泊療養施設の利用を保健所に伝えました。

 感染者急増ですが幸いに翌日「宿泊の準備ができました」との連絡をいただきました。今日は祭日で保健所は休みかと思ったらコロナの対応してるんですね! 本当に頭が下がります。

 かくして私は初の宿泊療養施設に入ることになりました。

 翌朝(本日)午後3時40分、定刻にワゴン車が家まで迎えに来てくれました。車に乗る時はウィルスが感染しないよう車内に除菌スプレーを振りたくなります。

 住所をもとに感染者宅に行き次々と感染者をひろっていきます。「やばっ!本物のコロナ患者や」と奇異の目で見てしまいますが、きっと彼らもこちらを同じように思っているんでしょう。ホテルについたら完全防備のスタッフが待っており、今は自分が危ない奴であることを自覚した次第です。

 宿泊先は「リッチモンドホテル福岡」昨年よりコロナ感染者のために使われています。部屋はとてもひろく快適な空間です。

 福岡県民は家庭内感染の防止のため療養施設(ホテル)を3食付きで無償で案内してもらえます。弁当もご覧の通り心のこもったものが準備されていました。

 これから6日間お世話になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA