鹿児島県鹿屋~知覧の旅

 連休を利用して二泊三日の鹿児島の旅。といっても金曜日仕事を終えての出発です

 北九州を出発し九州自動車道を南下。霧島温泉に到着したのは23時近くになっていました。温泉で冷たい牛乳をいただき、目的地の「道の駅たるみず湯っ足り館」に到着したのは午前1時。到着後軽く一杯飲んで熟睡しました。
 翌朝起きてチャーハン作ってみましたがなかなかの出来と思いませんか?

 朝起きて雄大な桜島の景色を眺めながらの足湯はとても気持ちよく、この道の駅は花マルです。
 

 朝寝しましたので出発は午前10時。今日のコースは鹿屋~霧島~指宿です。

 先ずは鹿屋の「海上自衛隊鹿屋航空基地資料館」。知覧と並ぶ特攻基地で多くの若者がここから出撃しました。零戦や特別攻撃隊の遺品などが展示されています。

 鹿児島と言えば黒豚。グルナビで検索した店「竹亭」。航空基地資料館から15分ほどの距離にあります。有名なとんかつ屋のようで行列ができていました。
 ガッツリいきたかったのですが、この先あっちこっちでツマミ食いすることを想定してレギュラーサイズのロース&ヒレかつ定食です。

 次に向かったのは竜馬とおりょうが新婚旅行で訪れたという「霧島神宮」。多くの観光客でにぎわっていました。

 これから指宿に移動です。桜島フェリーで移動したかったのですが、来た道を戻るのも気が進まず、鹿児島市内を経由するルートをとりました。

 目的地の「道の駅いぶすき彩花菜館」に19時到着。指宿で温泉に入りたかったのですが時間が遅くなったので諦めて食事とします。

 翌朝起きて周囲を探索。

 ここから大隅半島や桜島が眺められます。今日は池田湖~知覧を経由し帰宅の予定です。


 池田湖といえばイッシーですが、私には大うなぎの方が興味があります。

 武家屋敷は太平洋戦争よりもっと昔、江戸時代の屋敷が並ぶ通りです。道はアスファルトで舗装され当時とは景観が違うとは思いますが、そこはそれ頭の中で想像して廻ってください。

 「知覧特攻記念会館」に到着したのは正午ごろでした。
 会館の中のホールでは元隊員が当時の模様を説明してくださいました。国際的にはテロとされてしまいやすい特攻隊員が不憫でなりません。

 今回は写真をたくさん収めたのですが、どこでどうなったのかフォルダごと消してしまい。残ったのはこれらの携帯写真のみでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA