岩魚の渓

 南アルプスの渓がゆきしろを迎えるころ、山腹のバンガローに寝泊まりし、イワナを求めて旅をします。

イワナ 岩魚(イワナ)という魚の名は、多くの人が知っていると思いますが、実際に見たことがある人はそう多くはないと思います。南限が山口県とされるので、私たち九州の釣り人は、天然のイワナはお目にかかれません。中流域に棲むアユ、さらに上流にはヤマメ、源流にはイワナ、すべて鮭科の魚で、いずれも背びれの後ろに「あぶらびれ」というひれを持ち、海を下り故郷の川に戻る「母川回帰」という習性をもっています。旅をして海に降ったイワナは海で育ち、体調60~70cmもの大きさに成長し、アメマスと呼ばれます。



岐阜県長谷 天然のイワナは釣り人しか食べられない希少な魚です。
 マンガ「釣りキチ三平」で蛇をも喰う獰猛な魚「タキタロウ」というのはこの魚のことで、山形県朝日村の大鳥池で今も伝説となっています。

岐阜県長谷 釣り方はフライフィッシングとルアーフィッシング。
 バンガローを拠点に人が入っていない渓を探し、仲の良い旧友たちといっしょに渓を上ります。この日は30cm近くのイワナが次々に竿を曲げてくれました。

岐阜県バンガロー 魚を食べるだけ釣ったら早々に釣りを切り上げてバンガローに戻り、ご馳走をいただく準備にとりかかります。この日は突然の雨になりましたが、バンガローの軒下は快適です。

岐阜県バンガロー  刺身に塩焼き、ムニエルがイワナ料理の定番です。



岐阜県バンガロー 夜遅くまで宴会は続きます。
「明日はどこの渓にはいろうか?・・」もちろん話題は魚のことばかり。
 こんな生活をしていると、渓もこの周りの景色のすべても自分の庭。きっと、どんな別荘に住むより快適に違いありません。

 中国の古書の有名な格言です。
「一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。」
「三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。」
「八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。」
「永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。」

120813_06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA