プレート

 狭い室内と小さなテーブル。キャンピングカーのテーブルの上は狭くて乗せられる器も限られます。

 そこで・・というか言うまでもないことですが、機内食のように器をワンプレートにすれば問題は解決します。さらに洗い物を減らせるのでこれを使わない手はありません。
 しかし材質や大きさデザインを考えた場合、車内で使うことだけを考える場合と、屋外で使うことも想定するのでは選択肢が大きく変わってきます。

 屋外を想定した場合は、ガラスのプレートは問題外ですので、アルミか樹脂製ということになりましょう。
 それらのものはキャンプ用品コーナー以外にも、HCの介護用品コーナーや100円均一にも売っていますので調べてみてください。
 その際、キャンピングカーでの使用を想定した場合は、テーブルの大きさを測り、人数によって適当なプレートの大きさを計算して購入した方が良いでしょう。人目に触れる機会も多いものなのでデザインにも拘りたいところ。私も結局何度も買い替えながら今は木製のものに落ち着いています。そしてカップ、ナイフ&フォーク、スプーンなども合わせて揃えました。



 クリーデンスの小さ目のテーブルでもワンプレートだったら4人以上でも対応できます。冬は鍋を囲んで小皿で対応も可能です。
 ただ、4人でパーティーを想定して食器も4個ずつ買い揃えましたがまだ使う機会は訪れません・・。
 せっかくワンボックスカー買っても対座シート使ったことない人多いって話聞いたことあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA