フライリールベルト

 スライドリングタイプのフライロッドを使う際のリール落下防止用ベルトを作成しました。

 異なるメーカーのロッドとリールを組み合わせたり、ロッドとリールの番手に大差があったり、アンティーク物を使う場合など、リールのフット部の厚みや大きさが統一されていないため、リールの取付ができないことがあります。 最近のロッドは、ロックシートタイプが多いので問題は発生しにくいのですが、購入にあたってはロッドとリールの相性の確認が必要です。

 また、低い番手のロッドはスライドリングタイプ(上下2ヶのリングで固定する方法)のものが多く、リールの落下防止のためにベルトを作り取り付けると便利です。
 材料は市販のロッドベルトでOK。ネオプレーン製のものが良いです。幅は多少広くても狭くても構いません。ベルトを付けていることを意識しなくても良いように薄手でナチュラルな色のものを選びましょう。

 ベルトの中心に下の図面の位置で切れ込みを入れます。ロッドベルトにはマジックテープが付いていますが、場合によって取付位置を変更してください。 フライリールは、ベイトリールやスピニングリールと異なり手でリールを握ることがないため、緩んでも気づきにくいのですが、これを付けていると安心してキャスティングに集中できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA