携帯キャリア変更の落とし穴

 携帯電話のキャリアをソフトバンクからドコモに変更。

 大分や熊本の山中深くに釣りに入るとソフトバンクの携帯は「圏外」になることは覚悟の上。しかし単独での行動となった場合、万一のトラブルで動けなくなった場合、発見されることがかなり遅れる場合が予想されます。softbankには電波の届かない箇所としてアンテナ設置の申請を何回か行ったのですが音沙汰がありません。仕方ありませんので、そんな秘境でも電波が受信できる docomo に乗り換えを行いました。

 docomo ショップにて、光回線をソフトバンク光→NTTアナログ回線→ドコモ光回線の工事手続きを行い、プロバイダをソフトバンクBB→ぷららに変更の手続きも完了させました。全ての手続きに要した時間は5時間30分。iphoneも新しく防水タイプに変わり違約金は±0近くでできました。

 後日、工事も無事に終了。ルーターはソフトバンク製の11nのものから新しく購入した11acに変更。少しばかりスピードアップしたような気がします。

 ところがです。これまで使っていたFTPの転送アプリFileZillaがエラーを起こし、さらにホームページの更新もできない状態が発生。webで検索して対策を、あーでもないこーでもないとやってみましたが解決できず。

 今日は平日が休みなので再度チャレンジ。「ぷらら」に連絡してみたところ原因不明。「ぷらら」のセキュリティレベルを下げるようにアドバイスをもらいましたがそれでもダメ。万策尽きて途方に暮れていました。

 よーく考えて見直してみると、レンタルサーバーのセキュリティ設定の中にFTPアクセス制限という項目があります。そういえば以前FTPの転送の設定をした覚えがありますが、パソコンはこれまで通りのものを使っています・・。

 「・・・あっ!」そうか。ルーターを変更したのでIPアドレスが変わったのでした。FTPのアクセスにルーターのIPアドレスを設定すると、何もなかったかのように動き始めました。

 レンタルサーバーはプロバイダの「ぷらら」もサービスをしていますので、設定が混乱してしまいがち。さらにどんなに検索しても「FTPアクセス制限」というキーワードは出てきませんでした。こんな単純なことなのに落とし穴があり半日もかけてしまうとは、本当に「ムダな時間」を費やしました。携帯のキャリア変更がこんなところまで影響するとは想定外でした。

 今週末は気分転換に飯田高原に行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA