何がなんだかSNS

「インスタ映え」などという言葉が流行語になるほど人気のインスタグラム。全世界で約8億人もユーザーがいるそうです。 

 ソーシャルメディアといえば少し前までは facebook が主流で全世界で約16億人のユーザー数。トランプ大統領で有名なTwitterは3億。日本でポピュラーなLINEは約2億のユーザーだとか。
 それぞれ特徴があって良いのですが全てに目を通すのはかなりの重労働が強いらます。
 それに使い方や設定が実にわかりにくい。
 教則本まで購入してやるほど興味はありません。先日数週間ぶりで自分のフェイスブック見るとなんと私のAmazonの欲しいものリストが勝手に表示され、友人から「いいね」がされているではありませんか。危ないあぶない。
 インスタグラムの登録もフェイスブックからログインしたので情報が引き継がれています。
 フェイスブックの登録情報は記載内容の意味がわかりにくいのでデフォルトのままにしていました。
 ネットの検索内容などが勝手に使われるなど油断も隙もあったものじゃありません。

 昨年末の出来事、繁華街に忘年会で飲みに行った時、知人の携帯電話に飲み屋のホステスから「近くにいるなら飲みにおいでよ」とラインが入ってきてました。
 フェイブックの設定で「近くにいる友達」機能を触っているうちにオンにしていたのです。知人は「なんでここにいふこと知っているんやろ」っと驚いていました。本人が外出した際、家は留守になったことが伝わるのですから怖いことです。
 メーラーについても今使っているものはgmail.yahoo.iCloud.Windows.docomo.それにチャットワーク、ライン、カカオ、スカイプ、SMS.メッセンジャー、それぞれ特徴があるのですが取捨したくても相手の都合もあるのでできません。

 インスタグラム 少し理解しておくつもりで登録したところあっという間に20人もの人が何も投稿もしていないにもかかわらずフォロワーになっているではありませんか。早いところ何か投稿しないといけないのか・・。友達登録してて見ないと気の毒になるし・・。

 SMSは社会的欲求(集団に属したり、仲間が欲しくなったりすること)から「尊厳欲求」(他者から認められたい、尊敬されたい)が満たされ、多くの人が巧妙に操られているんじゃないかと思ってしまいます。

 全てのSNSタイムラインに投稿された記事を見るのはやりたいことが多い私などは無理ですが、リアルタイムの情報源として振り回されないようぼちぼちと付き合っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA