懲りずにタイラバ

 昨年の船酔い以来遠ざかっていた船での釣りですが、お誘いがあったので懲りもせずまた行ってきました。

 マダイはまだ釣れていないらしく本日の狙いはアマ鯛とレンコ鯛(キダイ)。

 アマダイには悪いがのぺっとしてマヌケな顔をした魚だし、見るからに寸胴体系で引きも弱くイマイチメジャーにはなりきれない魚種。身はほんのり甘く上品な味なので、刺身以外にも吸い物や蒸し料理などにも使え万能です。ただ身が柔らかく足が早い(鮮度が落ちやすい)魚なので、保存食として西京漬けなどに使われました。

 いっぽうレンコ鯛はマダイに比較し黄色っぽい魚体で最大でも30cm未満。婚礼などの折り詰めに使われ、多くの場合塩焼きで供されます。
 今日の釣りはこれらの二軍選手が相手となります。

 早朝4時に起床。港に5時半に到着して出港。

 今日は風もなく凪なのでひと安心。

 釣り場は遠賀郡の柏原漁港から一時間ほど走ったところです。

 釣り方は「タイラバ」というこんな仕掛け。タコとも思えないような生き物に模し着色した鉛の玉と釣り針を二本忍ばせたゴムをセットしたものです。

 釣り場に到着し釣り開始。タイラバをセットし底に落として巻き上げ、また落としての繰り返し作業。

 なんにも釣れません。単調な作業の繰り返しで集中力が途切れかけた時に「カサゴ」が挨拶に来ました。「アラカブ、ガシラ」と呼ばれる魚です。

 概ね35cm程度もある立派な奴でした。

 イトヨリダイやレンコ鯛が時折竿をまげてくれます。午後になって集中力も途切れ睡魔がやってきて海に吸い込まれそうでしたが、辛抱して釣り続けていたところようやく釣れました。45cm程度の立派なアマ鯛です。

 これにて任務終了。



 帰りに遅めの昼食。もちろんノンアルコールです。

 盛り付けでこんなに美味そうになり、3倍以上の価格になるんですから職人さんは凄いもんです。

 今日の釣果はこれだけでしたが家族で頂くには充分。まだ本格シーズン前なので仕方ありませんが、ゴールデンウイーク明けになるとマダイ、イサキがスタート。6月にはイカや太刀魚がシーズンインとなります。

 お疲れ様でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA