韓国の釣り最終日

 韓国釣行の最終日。といっても今日は移動だけです。

 釜山から博多港までの高速船「ビートル」の出航時間は15時。朝10時にホテルを出て昼食。なんだか食レポがメインみない。

 最後はさっぱりとフグチリ。上品で美味い日本のふぐちりと同じです。

 釜山港で乗船手続きを済ませた後、定刻通りビートル出航。韓国人の旅行客が激減しているため、船の中は空席だらけです。

 博多港まで約3時間。快適な船旅でした。

 以前訪れた時とはずいぶんと様変わりした韓国。店のサービス、マナー、インフラ、全てが激変してました。

 平和ボケした日本じゃ、未だに過去のモノづくり世界一の幻想を持ち続けてます。

 在日外国人が日本のモノを持って里帰りし自慢する類の番組、外国に出かけていって日本の技術を紹介したり「どうだ!日本はすごいだろ!」とやっている姿を見ると厚顔無恥としかいえません。そんな番組が日本をダメにしたのではないかと感じます。

 今や誇れるところは最初に発明したウォシュレットと中華ラーメンと中国産100均くらいしかないのです。今や先端技術では先進国で最下位になっているんだから自慰的な番組見て喜んでる場合じゃないのに・・・。

 博多港につき、博多駅行きのバス亭が二カ所。両方に同じ到着時間が書いています。どちらに待てばいいのか。試運転中とはどういう意味?

 なにが「おもてなし」かよ。日本人でさえ間違って並んでいるんだから外国人ならわかるはずありませんぜ。

 いろんな意味で感慨深い韓国の旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA